ブルース・ブラザーズ・バンドの活躍でも知られる、ブルース・ギタリストのマット・マーフィーが死去のニュース。享年88歳

ブルース・ブラザーズ・バンドのギタリストとして、映画にも出演していたことでも知られる、名ギタリストのマット・“ギター”・マーフィーが死去したというニュースがありました。享年88歳でした。

彼の甥が、2018年6月16日にFacebookページで明らかにしました(2018年6月15日に死去とのことです)。死因は公表されていないようです。

次のようなニュースがありました。

ブルース・ブラザーズ・バンド(The Blues Brothers band)にも参加し映画『ブルース・ブラザース』『ブルース・ブラザース2000』にも出演、ハウリン・ウルフ(Howlin’ Wolf)、マディ・ウォーターズ(Muddy Waters)、メンフィス・スリム(Memphis Slim)などの多くのブルース・アーティストと共演した名ブルース・ギタリスト、マット・“ギター”・マーフィー(Matt “Guitar” Murphy)が死去。
ブルース・ブラザーズのギタリスト マット・“ギター”・マーフィーが死去 – amass

マット・マーフィーは、ブルース・ブラザーズでの活躍で一般にもよく知られてますが、もともともハウリン・ウルフやメンフィス・スリム、ジェームズ・コットンらのバンドのギタリストとして活躍していた、達人ギタリストなんですよね。

超絶上手いです。

こちらはブルース・ブラザーズでの演奏です。

映画のブルース・ブラザーズでは、奥さん役がアレサ・フランクリンでしたね。

こちらは、その時の口論後のアレサ・フランクリンの「Think」です。

マット・マーフィー氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※関連ニュース
ブルース・ブラザーズのマット・“ギター”・マーフィーが88歳で死去 | NEWS | MUSIC LIFE CLUB
映画「ブルース・ブラザーズ」のギタリスト、マット・“ギター”・マーフィーが88歳で逝去