サザン・ロック、カントリー界の大御所、チャーリー・ダニエルズが死去のニュース。享年83歳でした

長きにわたり、サザン・ロックやカントリー・ミュージックの世界で活躍した大御所、チャーリー・ダニエルズが、2020年7月6日にナッシュビルで死去したというニュースがありました。83歳でした。

Embed from Getty Images

※参照ニュース
カントリー・ミュージック/サザン・ロックのレジェンド チャーリー・ダニエルズが死去 – amass
カントリー・ロックのレジェンド、チャーリー・ダニエルズが83歳で死去 | NEWS | MUSIC LIFE CLUB

私はサザン・ロックのチャーリー・ダニエルズ・バンドとして聴くことが多かったのですが、カントリー界での大御所なんですよね。

ボブ・ディランのアルバム「Nashville Skyline」(1969年)などにもベースなどで参加していますし、フィドル奏者としても知られていて、初期のマーシャル・タッカー・バンドのアルバムにフィドルで参加していますね。

そういえば、最近聴いてなかったので、チャーリー・ダニエルズを偲んで久しぶりに聴こうと思います。

チャーリー・ダニエルズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※参考:チャーリー・ダニエルズ – Wikipedia

【関連記事】
Charlie Daniels Band | ローカルブロガーのメモ帳

スポンサーリンク

フォローをお願いします