アナログレコード回顧録記事ヘッダー

Painted Woman(ペインテッド・ウーマン)/松原正樹〜卓越したギタープレイで軽快でメロディアスに聴かせるソロ・アルバム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Painted Woman(ペインテッド・ウーマン)/松原正樹先日2月8日、日本を代表するギタリストとしても知られている松原正樹氏が、がんのために61歳で死去したというニュースが流れました(日本を代表するギタリストの松原正樹が死去のニュース。享年61歳 | ローカルブロガーのメモ帳)。

今回のアナログレコード回顧録 は、哀悼の意をこめて、松原正樹氏のこちらのアルバムです。

Painted Woman」(ペインテッド・ウーマン

1983年発表のソロ・アルバムですね。
ジャンル的には、所有している他のアルバムとは毛色が違うのですが、その昔は平行してこういう音楽も好んで聴いていたんですよね。当時はいわゆるフュージョンという括りで、ブームみたいなところもありましたからね。

松原正樹氏のソロ・アルバムで持っているのは、このアルバムだけなので、音楽性云々までは分からないのですが(スタジオ・ワークも追いかけきれませんし…)、このアルバムに関しては、決してギターを弾きまくってテクニックに走るわけではなく、ポップでメロディアスな曲が占めてますね。


※ジャケット画像はAmazonアソシエイトより。
10曲中、4曲にボーカルが入っていて、3曲でエリック・タッグをゲストに迎えているのですが、それが、よりオシャレな雰囲気漂うポップ感を増している感じです。

ボーカルのエリック・タッグもすいません、よく知らないのですが、当時はリー・リトナーのアルバム「Rit」(1981年)、「Rit/2」(1982年)に参加していたことで知られていました(ライナー・ノーツより)。

で、松原正樹氏のギターですが、弾きすぎずに曲を活かす感じで、ソロに限らず、バッキングやちょっとしたリフはやっぱり上手いですよね(当然ですが…)。歪んだ音とクリアなトーンの使い分けも気持ちいいですね。

収録の曲では、A面1曲目「MAKE IT WITH ME」や3曲目「SHINNING STAR」のボーカル入りなんかは結構ダンサブルで、A面2曲目の「NIGHT SCANNERS」は、メロディがなかなか印象的です。

B面1曲目の「S.O.S.(SOCIETY OF SOUL)」は、歯切れよくホーンが入り、クリアなギターが絡む軽快な曲でカッコいいです。
B面2曲目のアルバムタイトル曲「PAINTED WOMAN」は、ボーカル入りのミディアムテンポでAOR風ですね。
そして、アルバ最後をしめる2曲のインスト「 PACIFIC COAST HIGHWAY」と「SKY HIGH」なんかは、軽やかで心地よいです。

久しぶりにこのアルバムを引っ張り出して聴きましたが、改めて聴くと、要所を卓越したギタープレイで締める軽快でメロディアスなサウンドは、かなりオシャレで洗練された印象のアルバムですね。

松原正樹氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

◆iTunes StoreでPAINTED WOMAN – 松原正樹をチェックする。

※Amazonアソシエイトプログラム等で紹介してますが、記事中のものと同内容でない場合もあるのでご了承願います。


アナログレコードストア | Amazon.co.jp ミュージック