サッチモことルイ・アームストロングがレコーディング中の貴重映像の一部が公開されています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、サッチモことルイ・アームストロングが、スタジオでレコーディングしている様子を撮影した唯一とされる貴重映像の一部が、ルイ・アームストロング・ハウス・ミュージアムのYouTubeチャンネルにて公開されたというニュースです。

次のようなニュースがありました。

発見されたのは、1959年録音のアルバム『Satchmo Plays King Oliver』のためにロサンゼルスのスタジオにて行われたレコーディングの様子を撮影した16ミリ・フィルム。

プロショット映像約33分が収録されたこのフィルムは、Audio Fidelity Recordsの創業者で、音楽プロデューサーのシド・フレイが保持していたもの。これまでおよそ60年の間、保管施設に人知れずに保管されていたようで、サッチモの熱心な研究者さえもその存在を知らなかったとされるものです。
ルイ・アームストロングがスタジオでレコーディングしている姿を撮影した唯一とされる貴重映像、その一部(5分Ver)がネットで公開中 – amass

ということで、その映像がこちら。曲は「I Ain’t Got Nobody」。
Newly Discovered Footage of Louis Armstrong Recording “I Ain’t Got Nobody” in 1959!

いや〜、リラックスしたレコーディング風景ですが、渋いというか、カッコいいというか、いいですね〜!