今さら聞けない、WordPressの子テーマでテンプレートファイルを扱う準備

現在、WordPressのテーマ「Twenty Twelve」を勉強も兼ねて少しずつカスタマイズしていますが、修正には「子テーマ」を使ってます。

ただし、そもそも「子テーマ」について、いや、WordPressについての理解が浅いので、子テーマ用フォルダには今のところ最小構成の「style.css」しか入っていません。

とは言っても、色々といじっていく上ではその他のテンプレートファイル(PHPのファイル)も、当然いじる必要が出てくるんですよね。

なので今回はメモとして、WordPressの子テーマで、テンプレートファイルを扱うための準備について書き留めておきます。
(って、コピーしてくるだけなんですが…)

ちなみに、現在のフォルダの構成は、こんな感じ。

wp-content
→themes (すべてのテーマが入るフォルダ)
→子テーマ用フォルダ…親テーマと同階層
→スタイルシート …子テーマに必須:名称は style.css

子テーマを作るには、style.cssファイルは必ず入ってないといけません。

続いてテンプレートファイルについて、「子テーマ – WordPress Codex 日本語版」を参照したのですが、そこからテンプレートファイルの項目を引用すると、

子テーマのテンプレート は style.css と同じように親テーマの 同名ファイルをオーバーライドします 。単純に同名のファイル名を使用すれば親テーマのテンプレートをオーバーライドできます。(注意: index.phpをオーバーライドできるのはWordPress 3.0以上です)
繰り返しますが、この機能は親テーマのファイルをまったく修正せずにテーマの調整が可能なので、親テーマがアップデートされても変更した分は失われません。

とのことで、テンプレートファイルを扱うには、変更したい親テーマのテンプレートファイルを、そっくり子テーマのフォルダにコピーして、そこに変更を加えるといいようです。
(同名のファイル名にする、という所が注意ですね)

但し、ネット上でよく見かけるのですが、functions.phpについては何やら注意が必要とのこと。
なので、初心者の身としては、そちらは今の所は触れないでおこうと思います(笑)
これは次の課題ということですね。

※こちらのサイトも参考にさせていただきました。ありがとうございました。
子テーマやカスタマイズの基本の基本についてちょっとおさらいしてみる | Webourgeon

それでは、今後は子テーマのフォルダにコピーしたテンプレートファイルにも変更を加えていこうと思います。

※当ブログで子テーマを作った時の記事はこちらです。
今さら聞けない、WordPressのテーマをいじる時の子テーマとは何?