ジェフ・ベックの新しいライヴ・アルバム「LIVE+」が日本でも発売されるというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、ジェフ・ベックのライヴ・アルバム「LIVE+」が日本でも6月24日に発売されるというニュースです(海外盤は5月5日発売ということです)。

次のようなニュースがありました。

ジェフ・ベック(Jeff Beck)の最新ライヴ・アルバム『LIVE+』が日本でも発売に。本作には2曲の新スタジオ・テイクも収録。日本盤は6月24日で日本盤ボーナストラック収録予定、また日本盤ミニ写真集付き予定です(海外盤:5月5日発売)リリース元は海外はAtco Records/Rhino Entertainment、日本はワーナーミュージック。
ジェフ・ベックの最新ライヴ・アルバム『LIVE+』が日本でも発売に、スタジオ新曲も収録 – amass

ということで、海外盤から国内盤発売まで、結構間が開きますね。

ライブは2014年に行われたツアーからのもので、ビートルズの「A Day In The Life」やジミ・ヘンドリックス「Little Wing」などのカバーも収録されているそうです。全14曲(+ボーナストラック1曲)。

さらに、このアルバムには新しいスタジオ録音の「Tribal」と「My Tiled White Floor」という、新曲も収録されているとのことですよ。

それにしても、ジェフ・ベックって、もう70歳で(もうすぐ71歳)なんですよね。
そんな歳とは思えないくらい、精力的に活動してますね(それに、見た目も若いです)。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローをお願いします