ジェームス・ブラウンとレッド・ツェッペリンのマッシュアップ「Whole Lotta Sex Machine」の映像がカッコいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ちょっと面白いYouTube動画がありました。

それは、ジェームス・ブラウンレッド・ツェッペリンのマッシュアップ・ビデオ「Whole Lotta Sex Machine」の映像です。

次のような紹介記事がありました。

JBの「Sex Machine」とZEPの「Whole Lotta Love」のマッシュアップ。ジミー・ペイジのリフに乗ってJBの“ゲロッパ!”が炸裂。映像自体は2011年にアップされたものですが、海外メディアに取り上げられて再び話題に
ジェームス・ブラウンとレッド・ツェッペリンのマッシュアップ・ビデオ「Whole Lotta Sex Machine」が再び話題に – amass

ということで、過去にアップされたものなんですね。
こちらがその映像です。
James Brown vs Led Zeppelin – Whole Lotta Sex Machine

私は初めて見たのですが、ばっちりハマってものすごくカッコいいのが、何だかかえっておかしいですね。

ちなみに、ここでおじさんのために、今さら聞けない「マッシュアップ」って何?

マッシュアップって何?

音楽でマッシュアップってよく耳にしますが、複数の曲をひとつに合わせて…、ということなんだろうとは何となく分かりますが、念のためにWikipediaで見てみると、

マッシュアップ(英: Mashup)とは2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出してそれらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法である。バスタードポップ(bastard pop)とも言う。
マッシュアップ – Wikipedia

ということで、あくまでも元の曲をそのまま使うことが前提だそうです。