レッド・ツェッペリン「永遠の詩(狂熱のライヴ)」(1976年)のジミー・ペイジによる最新リマスタリングのニュー・エディション発売のニュース。公開音源あります

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、レッド・ツェッペリンのライヴ・アルバムの名盤「永遠の詩(狂熱のライヴ)The Song Remains The Same」(1976年)が、ジミー・ペイジによる最新リマスタリングのニュー・エディションで発売されるというニュースがありました。公開音源もあります。

発売日は9月7日、全世界同時発売とのことで、次のようなニュースがありました。

『永遠の詩(狂熱のライヴ)』は、映画『レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ』のサウンドトラック盤でもある1973年のNYマジソン・スクエア・ガーデンでのライヴを収めたアルバム。この作品は2007年に当時未発表となっていた楽曲を追加収録してリイシューされており、今回のニュー・エディションは、この2007年リイシュー盤を元にリマスターされています。
レッド・ツェッペリン『永遠の詩(狂熱のライヴ)』ニュー・エディションから「The Ocean」のリマスター音源が公開 – amass

公開されているリマスター音源はこちら。

The Ocean

Rock And Roll

「Black Dog」のライヴ映像も公開されています。

こちらはトレーラー映像。

発売形態が、これまた色々あるようです。
5.1chハイレゾ音源を収録したBlu-ray Audio、スーパー・デラックス・ボックス・セット、2枚組CD、4枚組LP、ダウンロード/ストリーミングのデジタル配信。
※日本では、スーパー・デラックス・ボックス・セット(輸入盤国内仕様)、2CD、4枚組アナログ(輸入盤国内仕様)の3形態でのリリース予定。Blu-rayオーディオは海外のみ。