リタ・クーリッジが13年ぶりのアルバム「Safe In The Arms of Time」発売のニュース。公開音源あります

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、リタ・クーリッジが13年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム「Safe In The Arms of Time」を海外で5月4日に発売したというニュースで、アルバムからは新曲「Doing Fine Without You」の公開音源があります。

次のようなニュースがありました。

アルバム・リリースは2012年のクリスマス・アルバム『A Rita Coolidge Christmas』以来。オリジナル曲で構成されたスタジオ・アルバムのリリースは2005年の『And So Is Love』以来です。

リタ・クーリッジが13年ぶりの新アルバムを5月発売、グラハム・ナッシュ作の新曲試聴可 – amass

音源が公開されている「Doing Fine Without You」は、数年前にグラハム・ナッシュがラッセル・カンケルと一緒に書いたものだそうです。

個人的には、リタ・クーリッジといえば、やっぱりスワンプ・ロックのイメージが強く、力強くも優しい歌声が印象的ですが、この音源からもそういった感じが受け取れますね。かっこいいです。

発売後、Spotifyで配信開始とのとこで、全曲リスニング可となっています。