サッカーの北海道コンサドーレ札幌がバドミントンのクラブチームを設立するというニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

J2を首位で走り、J1昇格に向けて好調を維持する北海道コンサドーレ札幌が、バドミントンのクラブチームを設立するというニュースがありました。

2016年9月9日付北海道新聞朝刊に掲載されていたのですが(引用はどうしんウェブより)、

サッカーJリーグ2部(J2)北海道コンサドーレ札幌の関連法人が、10月にもバドミントンのクラブチームを設立することが8日、分かった。コンサドーレがサッカー以外の競技に参入するのは初めて。5年後の国内最高峰のS/Jリーグ(日本リーグ1部から改称)入りを目指す。
コンサ、バドミントン参入 来月にもチーム新設 | どうしんウェブ/電子版(コンサドーレ)

ということで、すでに初期メンバーとして道内出身の男子3選手が内定してるそうですが、来春の道実業団選手権に向けて、団体戦に必要な5人までメンバーを増やすそうです。

チーム名はサッカーと同じ「北海道コンサドーレ札幌」で、ユニホームも赤と黒を基調にするとのことです。

先日のリオ五輪では、バドミントン女子ダブルスで高橋・松友ペアが金メダル、奥原選手が銅メダルという活躍を見せて、大いに盛り上がりましたよね。

何だか、街でバドミントンをしている子供たちをよく目にするようになった気がするのも、たまたまではないと思うんです。

それに、新聞記事にもあったのですが、雪国北海道としては、通年で活動できるバドミントンのような室内競技というのは、新規参入する競技として適してるとのこと。確かにそうですよね。

設立は来月10月とのことなのですぐですが、今後も色々なスポーツが、「北海道コンサドーレ札幌」の名称のもと、活動して活躍してくれるといいですね。