ライ・クーダーが6年ぶりのソロ・アルバム「The Prodigal Son」発売のニュース。公開音源あります【追記あり】

最新の音楽事情にはさっぱり疎く、音楽関係のニュースは昔よく聴いたミュージシャン中心にチェックしている小梅太郎です。

今回気になったのは、ライ・クーダーが6年ぶりのソロ・アルバム「The Prodigal Son」を発売するというニュースで、アルバムから新曲の公開音源があります。

発売は海外で5月11日予定ということで、次のようなニュースがありました。

ソロ名義のスタジオ・アルバム・リリースは2012年の『Election Special』以来。新作は全11曲入りで、ライ・クーダーによるオリジナル曲と、過去100年のお気に入りのスピリチュアル(霊歌)のカヴァーで構成。レコーディングはハリウッドで行われ、ライ自身と、彼の息子であり、チーフ・コラボレーターでもあるドラマーのヨアキム・クーダーが共同プロデュースを手がけています。
ライ・クーダーが6年ぶりのソロ・アルバム『The Prodigal Son』を5月発売、1曲試聴可 – amass

ということで、公開されているの新曲の「Shrinking Man」です。

久しぶりのソロ・アルバムとのことですが、公開音源を聴くと、変わらないライ・クーダー節が聴かれますね。渋いスライド・ギターも随所で響いていて、いいですね〜

【2018.4.5追記】
アルバムから、タイトル曲「The Prodigal Son」の音源が公開されています。

また、同曲のスタジオ・ライブの映像も公開されていました。

うわ、無茶苦茶かっこいい!!