ニューオーリンズ音楽の伝道師、ドクター・ジョンが死去のニュース。享年77歳

ニューオーリンズ音楽の伝道師、ニューオーリンズ生まれのピアニスト・シンガー・ソングライターのドクター・ジョンが、2019年6月6日に心臓発作のため死去したというニュースがありました。享年77歳でした。

Embed from Getty Images

※関連ニュース
ドクター・ジョンが死去 – amass
ニューオーリンズ音楽の巨人、ドクター・ジョンが77歳で死去 | NEWS | MUSIC LIFE CLUB
ドクター・ジョン、死去 | BARKS

ソロ・アルバムのデビューは「Gris-Gris(グリ・グリ)」(1967年)で、「Dr. John’s Gumbo(ガンボ)」(1972年)、「In the Right Place」(1973年)、「In a Sentimental Mood」(1989年)などの名盤を出してますが、そのキャリアにおいて共演したバンド数知れず、とにかくあちこちでその名前を目にし、そのピアノを耳にしました。

私もニューオーリンズ音楽は、ガンボが入り口で、よく聴いたものです。

こちらは、ザ・バンドのラスト・ワルツでの「Such A Night」。

ドクター・ジョンは、亡くなる前に最後のスタジオ・アルバムを制作していたというニュースがありました。
※参照:ドクター・ジョン 亡くなる前に最後のスタジオ・アルバムを完成させていた – amass

2017年にレコーディングを始めていたそうです。遺作となったこのアルバムのアートワーク、タイトル、発売日などはまだ発表されてないようです。

ニューオーリンズ音楽のレジェンド、ドクター・ジョン氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※その他の関連ニュース:
【追悼ドクター・ジョン】ニューオーリンズのミュージシャンと何百人もの人々が葬儀のパレードでドクター・ジョンを追悼 – amass
※参考:ドクター・ジョン – Wikipedia